FC2ブログ

記事一覧

BLEACH 井上織姫

愛染との戦いの後、メイド喫茶でバイトをし始めた織姫。そこに客として来店したのは、この地で敗れた愛染の鏡花水月の破片を回収した者だった。破片といえど催眠能力は健在であり、その能力で注文を取りに来た織姫を一瞬で催眠状態へと落とした。「名前は?」「井上織姫……です……」「よし、織姫。君はなんでメイド喫茶でアルバイトしてるんだ?」「それは……お金のために……」「違う」 織姫の言葉に被せるように強く否定する。ここか...

続きを読む

ニャル子さん ニャル子

「ご主人様ぁ~! 朝ごはんはご飯がいいですか? パンがいいですか? それともわ・た・し?」「ニャル子にしようかな」「なっななな、朝から情熱的な告白ですねねね」 宇宙を股にかけるエキスパートも、こうなれば可愛いものだ――と、あるオークションでニャル子を買った男はニヤリと笑う。任務中に催眠系の宇宙人にやられてオークションにかけられた、とは聞いていたが、いい掘り出し物だ。「分かりました。朝ごはんの前に私を...

続きを読む

アクエリオン ゼシカ

 エレメントと呼ばれる超能力者を集めた学園。その認識を改竄する能力をもって学園に虚偽の能力で忍び込んだ男は、ある一人の女子生徒に目をつけた。その名もゼシカ・ウォン。彼女が一人になるシャワーの時を狙い、男はゼシカに接近する。「~~♪」 鼻歌を歌うゼシカのシャワー室に向かい、わざとらしく咳払いして存在を示す。「こんにちは、ゼシカちゃん」「――キャッ!? なによあん……た……」 悲鳴をあげて人を呼ぶ間もなく、...

続きを読む

サモンナイト3 アティ

 教師としての人生を歩み始めたアティ。生徒相手だと油断している隙に、召喚獣を憑依されてしまう。「先生、先生」「ん……」「どうしたんですか先生、早く授業してくださいよ」「授業……授業……そう、ね……」 そういうとアティはベッドに横たわり、生徒を誘うように甘い声をだした。「まずは……どれだけヤれるかみるから……私で……ヤってみせて……」...

続きを読む

グレンラガン ヨーコ

 アンチスパイラルの支配する多元宇宙迷宮。そこでヨーコは平行世界のあらゆる自分を体験していたが、その中には「獣人に屈服した平行世界」も存在した……「お呼びですか、獣人様!」 獣人に囚われて催眠による支配をうけたヨーコは、ただ獣人に奉仕する存在と成り果てていた。今日も主たる獣人に呼び出される。「仕事だ、人間どもを撃ち殺せ。うまくいったら褒美をくれてやる」「ご褒美……ご褒美っ……♪ はい、ご主人様ぁ、ヨーコ...

続きを読む

ギアス C.C.

ギアスを与える魔女、C.C.。その存在を狙う組織はいくらでも存在しており、その中の一つは、独自に入手していたギアス能力者の手によってついに拘束に成功する。ギアスが効かないC.C.は、特に動揺する素振りもなく、余裕そうな態度を崩さなかったが……「あの女の様子はどうだ」「はい、静かなものです」 組織の責任者が見張りについていた部下に確認する。C.C.はその部屋の中で、まるで人形のように微動だにしていなかった。「私に...

続きを読む

返信

はじめまして。虚ろ目コラとSSの相性って良いですよね。今後も期待してます^^Posted by REGZAありがとうございます。今後も精進していこうと思います。ところで、もしかして『催眠!ピカッとハウス』の管理人様でしょうか? いつもブログを拝見させていただいております。そちらも頑張ってください。...

続きを読む

アイマス 雪歩 真 春香

アイドルの頂点を目指す少女たち。まさかその仲間の一人から魔の手が迫っていようとは、想像すらしていなかった。「お水……ですぅ」「ありがと雪歩ー!」 レッスンの休憩中、雪歩から水の差し入れが届けられる。厳しい特訓で疲れ果てていた春香と真は、雪歩の様子がおかしいことに気が付いていなかった。そして、疑うことなくペットボトルの中に入っているモノを飲み込んでいく。「何これ……変な味……」「雪……歩……?」 ペットボトル...

続きを読む

艦これ 川内

 とある鎮守府。そこでは艦娘と呼ばれる者たちが、日夜命を賭けて戦っていた。自身の身に施されていく改造が、戦うためのもの「だけ」だと疑わず……「夜戦の時間だぁぁぁー!」 時刻は夜。夜戦のエキスパートたる川内が歓喜の声をあげていた。「はやく夜戦~!」「かわう……川内うっさい!」 同僚たちにうるさがられながらも、川内は喜び勇んで走り出す。ただし出撃するための港ではなく、提督が待つ部屋に、だ。「夜はいいよねぇ...

続きを読む

SAO ユウキ 虚ろ目コラ

 かつてこのVR世界には、プレイする人間を操る悪魔の研究がなされていた。それはとある少年の手によって阻止されたが、国の機関によって回収。さらに発展し試験されていたのだった……「あれ? えっと、ボクは……?」「どうしたんだいユウキちゃん、君がここに連れてきたんじゃないか」 妖精たちの世界、通称ALO。その路地裏にて。ある目的のために強いプレイヤーを探していたユウキだったが、少しボーっとしてしまっていると、目...

続きを読む