FC2ブログ

記事一覧

返信

更新お疲れ様です服を脱いだら体に落書きというシチュはMCによる非日常を感じさせるいいシチュエーションなのですが、女キャラにはきれいな肌でいてほしいという気持ちもあるというジレンマ…それはそれとしておっぱいが大きいキャラはバニーはよく似合います虚ろ目も相まって一層エロく見えますねこれからも頑張ってくださいPosted by アークシュライト 様 コメントありがとうございます。最近の淫語ラッシュから隠しきれないよう...

続きを読む

超次元ゲイム リクエスト

 ゲイムギョウ界が謎の勢力に襲われて数日、女神たちはその敵の正体に気づけないでいた。正体不明の敵は、女神たちが現れた時には、既に敵は姿を消しているのだから。「はあ……」 女神となる少女の一人、ネプテューヌもその敵の前に、今は持ち前の元気さを発揮出来ずにいた。出来ることは見回りぐらいであり、避難していて人がいない街中を歩いていく。「あなた……誰?」 よって、そこで会った者は不審な人物に違いなく。こちらか...

続きを読む

IS 篠ノ之箒

「何か……おかしい……」 篠ノ之箒は更衣室にて首をひねっていた。次の授業はISの実技のため、専用のスーツに着替える必要があるのだが、箒はそのスーツにどこか違和感を感じていた。「箒さん? どうしましたの?」「あ……セシリア。その、どこかおかしくないか?」 なかなか着替えをしてこない箒を心配したのか、セシリアが様子を見に来たようで。自身が感じる違和感を確かめるように、自らのISスーツをセシリアに見せた。「箒さん…...

続きを読む

返信

どうも人形好きです知らぬ間に自分がAVに出演してたなんて相当怖いでしょうねその恐怖もすぐに忘れて次の撮影に向かうのがまた操られ感が出てて良かったですそれで新しいリクエストですが『超次元ゲイムネプテューヌ』で守護女神&妹たちが洗脳ウイルスに感染させられて黒幕の男の操り人形となり、ゲイムギョウ界を男に差し出して彼を支配者と崇めるお話をお願いしますPosted by 人形好き 様 コメントありがとうございます。初AV...

続きを読む

SAO アスナ

「何、これ……?」 家から出掛けようとしたアスナは、ポストに何かの配達物が届いていることに気づいた。これから彼とデートなのに、という愚痴を内心で留めながらも、配達物を持って家に入っていく。紙袋に包装されて中身は分からないが、何やらDVDのケースのような――「……ひゃっ!?」 包装の中にあった物は、確かにDVDだった。しかしその表紙は、アスナ自らがあられもない姿で映っていた。もちろんアスナにそんな記憶はな...

続きを読む

アイドルマスター 水瀬伊織

「い、お、り→ん!」「ひゃっ!?」「おやおや~。いおりん、足にびっしりと淫語なんて書いて、やる気まんまんですな~」「この伊織ちゃんが、仕事前に淫語を書き込んでおくのは当然でしょ! ……じゃなくて、何するのよ!」「はいはい、じゃあね~」「全くもう……字が消えちゃうじゃない……さて、仕事仕事。やよいとよね……」...

続きを読む

返信

更新おつかれさまです超電磁砲組は可愛らしくていいですよね描写からすると広範囲のMCにやられて主人には会ったことない感じなのかな見ず知らずの相手でも広範囲のMCで奴隷化するっていうのはMC作品の最終段階なので他の地点ではどうなっているのか見てみたいですねPosted by アークシュライト 様  コメントありがとうございます。広範囲MC……なるほど、そういうことだったのか……(無知) でも学園都市はそういう妄想が滞るのも...

続きを読む

とある科学の超電磁砲

「こんなもんかな……」 美琴は目の前に広がる手作りチョコの山を見て、少し満足げに顔をほころばせた。友人たちと一緒に遊びながら作ったため、興が乗りすぎてしまったことは否めない。とにかく本命は一つとして、残りはどうしようかと考えていると。「御坂さぁん……どうしましょう、わたし……」「えーっと……佐天さん?」「無理無理。あたしも、まさか初春がこんなに料理下手だとは思ってなかったもん」 一緒にチョコを作っていたは...

続きを読む

返信

更新お疲れ様です服が透ける眼鏡とはなかなかロマンの有るものをwMCもいいですが、こういうドラえもんの道具的なものでエロいことをするというシチュも趣がありますネタを考えるのも大変かと思いますが、無理せずがんばってくださいPosted by アークシュライト 様 コメントありがとうございます。 彼女たちは誰にも気づかない間に自ら堕ちていて、それを知っている人は雑踏に紛れて愉悦してる。そんなシチュを目指したのですが...

続きを読む

涼宮ハルヒの憂鬱

「団員募集中ー!」 校門の坂を登っていくと、もはや風物詩となったある部活の募集が、今日も開催されていた。毎度のように教師に注意されても懲りない、一種のイベントのようにもなったそれを、生徒たちは遠目で見学していく。 行動はともかくとして、外見は校内でも指折りの美少女たちだ。ある者は、わざわざ眼鏡までかけて彼女たちを眺めた。 ――それは自分たちで、服の下にどんな文字を書いてきたかの確認だった。今日は『団...

続きを読む