FC2ブログ

記事一覧

Fate/Memory Conflict 総集編

331c7910d6dbaad9fc06dcb0c77ee3b9.png

 霊体を改造する魔術に特化した魔術師。それ以外はまるで使えないが、それはサーヴァントに対してのみは、弱点そのものだった。その魔術師は聖杯戦争の調停役、ルーラーのクラスのサーヴァントに目を付ける。

「ぁ……マスター。どうしました?」

 自身をルーラーのマスターだと誤認するように改造し、ルーラーのマスターとなった魔術師。あとは聖女をどう陥れるか……だ。

「マスター?」

「ああ……ルーラー、俺たちの役割は何だっけか」

「それは……調停役として、聖杯戦争を正常に……」

「その格好で?」

2882d928.png

 そうマスターに言われ、ルーラーは自分のサーヴァントとしての格好を省みる。普段の格好から胸部の布が大きく削られており、ある意味全裸よりも露出した格好になっているが、ルーラー自身は特に頓着した様子はない。

「その格好……と言われましても。これが私のサーヴァントとしての格好なので」

「ふーん……」

 魔術師は魔術が正常にかかっていることを確認すると、さらに質問を進めていく。

「確かルーラーのサーヴァントには、特殊な能力があるんだよな」

「はい。サーヴァントの位置の把握など、調停役に必要な能力が」

「じゃあその能力を使えば、簡単に聖杯戦争勝ち残れるじゃん」

 ルーラーのサーヴァントは、その調停役という役割故に、他の英霊を全て敵に回してでも勝てる能力を備えている。その能力を使えば楽に勝てる、という改造をした魔術師に対し、ルーラーは。

「それはそうですが……それは出来ません」

 はっきりと拒絶する。

「この力はあくまで調停のためのもの。私利私欲で使うことなど……マスター?」

「流石は百年戦争の英雄か……なら、徹底的に根本から改造、か」

「マス……ター……」

 そして。

ruler8.png

「あなたには這いつくばる資格もないわ。すぐにその火刑とともに、私と主の前から消えなさい、下郎」

 かつての聖女はもうどこにもおらず。今はただ、主のために力を振るう暴君と化していた。

「ご苦労だったな、ルーラー」

「もう、意地悪なマスター。ルーラーなんか最悪な名前じゃなくて、ジャンヌとお呼びください」

「ハハ、悪いなジャンヌ。これからも俺のために頼むぞ?」

 誇りを持っていた調停役としてのルーラーという称号も唾棄すべきものと変わり、魔女となって蘇った彼女は、楽しそうに笑ってみせた。

「もちろんです、マスター……」

 万能の願望器を求めて英雄たちを従えて争う聖杯戦争。その中でも特異な形式を持った、チーム戦とでも呼ぶべき聖杯戦争――聖杯大戦。赤の陣営と黒の陣営に別れた英雄たちは、徒党を組んで争うことになる。

 そのイレギュラーな形式のために召喚されるのが、聖杯戦争の調停役こと『ルーラー』のサーヴァント。ルールを違反するサーヴァントに罰を与えるため、様々な特権を持った強大な英雄。

 ――そのルーラーが、一人の魔術師の手に落ちた。結果として、強力な第三陣営となったのだ。

ファイル0027

「ぐっ……!」

 赤陣営のアーチャーが痛烈な一撃を貰い、動けなくなるほどになってしまう。彼女と相対するのは……本来、調停役だったはずの墜ちた聖女。

CO9bE89UYAA3Ooz.png


「あら、この程度ですかアタランテ? 私を殺すのではなかったの?」

「……その真名を貴様が口にするな……」

「まあ何でもいいわ。私、ご主人様に英雄たちを奴隷として捧げなくてはならないの。あなたも協力してくれるわよね?」

「誰が……」

「いえ、あなたの意思なんてどうでもいいの。ご主人様に奴隷を捧げた分だけ、ご褒美が貰えるんですもの! 想像しただけで濡れてきちゃう……!」

 聖女と呼ばれるに相応しい精神を持っていた女が、そんなことを叫ぶ光景にアタランテは戦慄する。自分もああなってしまうのだろうか、と。そんな恐怖するアタランテに対し、ルーラー――ジャンヌ・ダルクは右手をかざす。

「最後の質問です。あなたはどんな奴隷にされたい?」

 ジャンヌの右手には、サーヴァントに対する絶対命令権である令呪の光が輝いていた。本来、暴走するサーヴァントを鎮めるためのソレは、今やサーヴァントに対する洗脳装置以外の何物でもなく。

「やめ――」

「時間切れでぇす♪ そうねぇ。敵には猟犬のように、ご主人様には尻尾を振る捨て犬のように。獣にまで落としてあげましょう」

 弱りきったアタランテに令呪へ抵抗する力はなく、ジャンヌの右手が光り輝き――

d872da32.png


「帰ったか、アタランテ」

 そして男の前にアタランテが姿を現した。その口には、とある人物の手首が咥えられているという、信じがたい光景が広がっていたが。

ファイル1004


「よしよし、ちゃんとお前の元マスターの令呪取ってこい、が出来たな。偉いぞアタランテ」

「わん!」 

 令呪がついた元マスターの手首を口から取り下ろしながら、アタランテはマスターに犬のような叫び声を上げ、頭を撫でられて丸くなっていく。

「クゥーン……わんわん!」

 自分の格好も気にせず、ずっと撫でられっぱなしだったアタランテか、突如として立ち上がると威嚇するような鳴き声をあげる。

「敵か。アタランテ、行ってこい」

「きゃいん!」

 敵の万能をキャッチしたアタランテにその討伐を命じると、アタランテは嬉しそうに向かっていく。誰かの使い魔が跋扈するそれらに、アタランテは殺気を剥き出しにして迫る。

「ご主人様の邪魔をする者は……みんな死んでしまえ!」

 誇り高き狩人は、ただの猟犬と化していた。

20140620112826401 (1)

1446821377.png

 他に類を見ない、二人で一人の英雄という特性を持つサーヴァント、アン・ボニーとメアリー・リード。どんな状況でも二人で戦い抜いた、という逸話を持つ彼女たちは、その絆こそがサーヴァントとしての力となったのだ。

「やあ、僕の名前はメアリー。彼女がアン。よろしくね」

 小柄な少女の方、メアリーが従うべきマスターに名を名乗る。

「メアリー! 何してるの! やめなさい……やめて!」

「どうしたのさアン。早くマスターに自己紹介する時は、股広げて変態アピールしなきゃ」

53440700_p0.png


「あなた……私たちに、いえ、メアリーに何をしたんですの! マスターにも……!」

「だからさっきから何言ってるのさ、アン……目の前の人が僕たちのマスターじゃないか」

 大声で怒鳴りつける赤い服の女――アンと、メアリーは話が噛み合わないと訝しむ視線を送る。メアリーがアンを説得すればするほど、アンはマスターへの殺気を強くするだけだった。しかしその溢れ出る殺気にもかかわらず、アンは直立不動のまま動かなかった。いや、動けないといった方が正しいか。

「さあマスター、アンは放っておいて。次はどうすればいいかな。僕はアンと違って何でもするよ」

「メアリー……いい加減に……!」

 いがみ合い始めた二人を見ながら、男がパチンと指を鳴らす。すると二人は糸を失った人形のように、ピクリとも動かなくなっていた。

 男は考える。次はどちらをどう操ろうかと。

ャプチャ

2014-12-13-220648.png

「こちらの防壁を無理やり突破するなんて……」

 キャスターのサーヴァント、メディア。自身の防壁を力づくで突破した敵に歯噛みしながら、突入してきた敵を迎え撃った。

「あらぁメディアさん。こんにちは」

「ごめんね、僕たちの手柄になってくれるかな」

ann.png


「私をメディアと知って工房に踏みいるとはね……ここで消えてしまいなさい!」

20121130011925bd1.png



「あれ? わたしは……?」

 『メディア』はゆっくりと目を開けると、目の前に知らない男がいることに気づき、瞬時に飛び退いた。

「あなたは……誰ですか……?」

0514e451.png


「私は……メディア、といいます。もしかして、あなたは私のマスター、ですか?」

 ――どのようにしてか、男はメディアを若返った姿にしていた。大魔術師となったメディアならともかく、この頃のメディアが相手ならば。

「マスター……マスターには従う、それがサーヴァント……」

「マスターはわたしを助けてくれた恩人……だから絶対服従……わたしの全てはマスターに……」

「……はい、わかりました……よろしくお願いしますね、マスター」

題

20140105132402843.png

「おかあさん……?」

 マスターを母と呼ぶ少女、切り裂きジャック。彼女らが暮らす家に気配を感じたジャックは、母が待つ部屋に行く。

「…………」

「おかあさん……? 誰だ!」

 感じていた気配を発していた、不審な人物に彼女はナイフを向ける。だが近くにいる彼女の母――マスターは薄く笑いを浮かべるだけで。

2014010719424951e.png


「何言ってるのジャック、お父さんよぉ」

「え……?」

 その一瞬の戸惑いがジャックの命とりとなった。彼女の母はジャックに令呪を向け――

「令呪をもって命じるわ。ジャック、お父さんを認めなさい」

「い、いや……おかあさん……!」

「重ねて令呪をもって命じるわ、ジャック――」

「や、や――」

「重ねて令呪を――」

Jack_the_Ripper_Assassin_FGO_convert_20151218184806.png


 あれ――とジャックは思う。今まで自分は何をしていたんだろう、と考える。頭が洗われたようにクリアになっており、今ならどんなことでも信じてしまいそうな。

「あ――おとうさん!」

 そんなことは忘れて、ジャックは愛する父の胸に飛び込んだ。

「はいはい、ご飯にしましょうね」

 そんな娘の様子を嬉しく思いながら、マスターはキッチンへと行き、ジャックは嬉しそうに父へと話しかけていた。

「ねぇねぇおとうさん! 今日もおとうさんに言われたとおり、ちじょみたいな服してるよ! 偉いでしょ!」

51073915_p0.png

「ほらおしりもこんな感じ! それとね、今日もおとうさんのじゃましようとしてた人たち、たくさん殺したし――」

20140103223155fc2.png


「やっ、やめてくれ! はくっ、白状するから!」

 ジャックからの拷問に耐えきれず、そのマスターは自身のサーヴァントのことを喋ってしまう。

「ありがとう。ジャック、もういいわ」

「うん、おかあさん」

「待っ」


「ねぇねぇ、おかあさん! またおとうさんの役にたてたかな?」

「ええジャック、もちろんよ。よくやったわね」

「えへへ……」

ファイル0960

 本来サーヴァントとして召喚することは出来ない、神に近い英霊スカサハ。そんな彼女を、他のサーヴァントを生け贄にし、男はどのようにしてか召喚を可能とした。

「サーヴァント、ランサー。召喚に応じ参上した。少し驚いたがな」

「だがマスター。知っての通り私は規格外でな。……あまり、操れると思うなよ?」

ファイル0961


「おお、今度は其方が驚く番か。召喚の時に相手を操る魔術を混ぜていたが、あいにくと私には――なに? そちらに尻を向けろ? まあ、いいだろう」

ファイル1032


「――それで、何だったか。そう、あまり私を操れるとは思わないことだ。そうして尻を揉むくらいならばよいが、それ以上は覚悟しておけ」

「確かに貴様の言うことならばどんな無様なことでも従うし、それに違和感を感じることもないのが常識だが、その気になればいつでもこの槍が心臓を穿つことを忘れるな」

ファイル1007


「……などと、洗脳されていることにも気づかず、尻を言いように揉まれている私からの忠告だ。努々忘れないようにすることだな」

「それでマスター。どうするところだ? 戦局は――男を誘うポーズか、了解した――」

ファイル1033

53395411_p0.png


「…………」

 ここに閉じ込められてどれくらい経っただろうか、と清姫は憔悴した精神で思う。マスターを暗殺者に殺されてから捕まり、存在することに必要な魔力だけを補給されていた。

「あら、今日は起きていますのね」

「…………」

 ドアを開けてきたのは青い髪をした魔術師こと、魔女メディア。あの男とルーラーの軍門に加わったサーヴァントの一騎で、清姫の世話を担当していた。

tumblr_nxpf0aQcQq1rrzs5no1_500.png
「ご機嫌いかがですか? わたしたちに協力する気になりました?」

「……マスターを裏切るなどありえません。早く洗脳でもなんでもすればいいでしょう」

 清姫はマスターを愛していた。精一杯彼女なりに尽くして、友好的な関係を作っていた。それもあの暗殺者によって殺され、こうして幽閉されている今となっては、彼らに憎悪をみなぎらせるか、マスターが綺麗だと褒めてくれた自身の若草色の髪の毛を眺めているしかない。

「そうですねぇ……では、わたしのマスターをどう思います?」

「は?」

 突然のメディアの質問に困惑する。どう思うも何も――それこそ憎悪しかない。まずそもそもの元凶からして、時には魔力補給の名目で襲われもした。

「出来るなら……一刻も早く殺してやりたいです」

「清姫さん、それ以上力を出してはダメよ?」

 清姫は自身の消滅も構わず炎を出そうとするものの、メディアの一言で収まってしまう。恐らく何か細工しているのだろうが、それがなければ今にでも殺してやるのに、憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎憎憎いい――

「うん、そろそろですわね」

「……何がです?」

「ええ、あなたに魔術をかけようと思って。昔のマスターと、わたしのマスターの好感度を入れ替える魔術」

「は……?」 清姫が止める間もなく、メディアは魔力を放出していき、魔術があっという間に完成する。意識が消えゆく清姫が最後に見たのは――

「あ、ますたぁ――」


56_3.png


「どうですかマスター。ちょっとイメチェンしちゃいました」

 目の前の人がこんなに愛おしいと思ったことはない。生前、ある人に一目惚れした時以来に、自分の胸は高鳴っている。

「マスターの好みだといいんですけれど。今日はどうなさいますか?」

 この人の全てが欲しい。妻となって隣に立っていたい。夢を突き進む姿が愛おしい。

「ま、す、た、ぁ?」

CQzH1JVUwAAQw3W.png

K-460.png


『助けて……助けてください……』

「ここに本物の聖女がいるのだな……」

7W0nFF7.png


 セイバー――ネロ・クラウディウスは悪化する戦況の中、本物のルーラーが囚われていると聞き、その建物に仕掛けていた。ルーラーがいれば正しい聖杯戦争に戻る、そう考えて助けを求める声に従って彼女は駆けていく。

「ここか!」

53902084_p0_master1200.png


「あなたは……?」

「うむ、余はセイバー。事情は分かっていると思うが、お主を助けに来た。聖女よ」

「ありがとう……ございます……」

 鎖に繋がれて衰弱したルーラーを解放し、帰還しようとしたセイバーの前に、突如として矢が射られた。敵か、と剣を構えるセイバーは、信じられないものを見た。

Agrius_Metamorphosis_front.png


「……麗しのアタランテ、か……?」

 行方不明となっていた憧れの仲間が、変わり果てた姿となってそこにいた。

「ウゥゥゥ……ワン! ワン!」

20150903222410e1c.png


「な、何を言っておる、そんな犬のような――!?」

 犬のような雄叫びをあげるアタランテに混乱している隙に、セイバーは背後から攻撃を受けてしまう。背後にはルーラーがいたはずだと、セイバーが最後に見た光景は。

「ええ、犬ですよ。私とご主人様の、可愛い番犬……」

53488457_p0_convert_20151218184222.png


「……ん?」

「あら、お目覚めですか?」



「うむ、余は……?」

「何言ってるんですか、これからあなたの結婚式でしょう」

52850390_p0_master1200.png

「結婚式? 余の?」

「ええ。素敵なウェディングドレス着て。憧れだったんでしょう? 本当に操り人形の分際で羨ましい――焼き殺してやりたいくらい」

6ed5d3de22.png


「うむ……うむ! どうやら寝ぼけていたようだ! 余の結婚式だったな!」

「はい、寝てる間に色々とイジらせていただいて」

「寝ている間に完全に洗脳されるような余に、こんな最高の服も用意されていてとても嬉しいぞ! あとはマスターに余自身を捧げるだけだな! ……そう、だな……?」

「ええ、捧げる直前くらいに意識を取り戻しますけれど。せいぜい、私のポイント稼ぎになってくださいね? 皇帝様」

fate_extra04_10.png

CRppYoBUwAA8mSn.png


 どんな英雄だろうと多勢に無勢。八人となったこの軍団に適うものはなく、他のサーヴァントは消滅を果たす。

「これで最後のサーヴァント。マスター、聖杯をお持ちする日も近いようよ? あとは……奴隷になった奴らを殺せば、聖杯は私たちの物」

 ジャンヌはついに自分とマスターの目的が達成される、と喜びを隠さず、そうマスターに耳打ちする。聖杯はルーラー以外のサーヴァントの消滅を以て降臨する。あとは残った令呪で自害を命じるだけ、というところで、ジャンヌはマスターから信じがたいことを聞いた。

「……え? 聖杯なんていらない? 今の私にも飽きた? な、何を言ってるの、マスター……キャッ!?」

「はずし、ちゃった」

e7f0761e86e6a8cb6a28e8349709412c1-e1450270227508.png

 突如として放たれるジャックからの攻撃。ジャンヌは何とか避けるものの、他のサーヴァントもみな、ジャンヌのことを狙っていた。

「おとうさんのめいれい。もう飽きたって」

「なにを……やめなさい、操り人形たちの分際で!」

「操り人形はあなたの方でしょう?」

「マスターのために……マスターのために……」

BodsDVOIEAAMyuI.png

 しかしジャンヌの命令は聞こえず、代わりに清姫とセイバーの攻撃が炸裂する。たまらず倒れたところを、アンとメアリー、そしてスカサハが取り押さえる。

「――捉えた」

ファイル1005

「動かない方がいいよ。身のためにもね」

「ええ、一発ぐらい撃ってしまおうかしらね。メアリー」

「ふふ……」

「このっ……アタランテ! 助けなさい!」

 抵抗出来ないジャンヌのもとに、アタランテを連れた雰囲気の変わったメディアが来る。ジャンヌ自身の手で犬にしたアタランテすらも、今では唸り声をあげるのみ。

「無様ですね。わたしのように抵抗せずにご主人様からの愛を受け入れれば、楽に気持ちよくなれるのに」

54034843_p0.png

「まあそんなことはいいわ。マスターはね、聖杯なんていらないの。この聖杯戦争は終わらない。だけどそのためには、聖杯の管理者が必要」

 そこでジャンヌはマスターのやろうとしていることを悟る。聖杯を手に入れようとする自分ではなく、管理する元のジャンヌに自身の人格を戻すのだ、

「やめて! 以前の私に戻るくらいなら死んだ方がマシよ……私が、今の私が管理者になるから!」

「ダメ。あなたに飽きた、っていうのも理由の一つなんだもの。さ、マスター?」

「あ……」

ipd6XE9.png


「――サーヴァント、ルーラー。召喚に応じて参上しました」

「私たちの目的は聖杯の管理。ご協力をお願いします、マスター」

「具体的にはどう協力すればいいか、ですか? そうですね……主に魔力補給をお願いします」

apYaQMZ.png


「はい。聖杯の管理の為には、私の身体をマスターに差し出すしかありません」

「主よ、この身を捧げます――」


20x583H.png



 男が飽きて願望器を使うまで、その聖杯戦争は続く。それまで英雄とまでなった少女たちは、玩具のように好きに弄ばれていく――
スポンサーサイト
[PR]

コメント

No title

新年、あけましておめでとうございますm(_ _)m
とても早い更新ペースで、内容も非常に満足でございます。更新の時間が決まっているのもブックマーク巡回のときに分かりやすくて大変助かります
というわけで、2016年、今年も画像とSSに期待しております、是非よろしくお願い致しますm(_ _)m

コメントの投稿

非公開コメント