FC2ブログ

記事一覧

魔法少女Pervert.StrikerS 総集編

22193569.png

「よしっ、今日も頑張ろう!」

 機動六課。そう呼ばれる部署に所属するティアナ・ランスターが、今日も1日頑張ろうと気合いを込める。部署に一番に出社すると、仕事が書かれたホワイトボードを眺める。

「今日の私の仕事は……」

 ……そのホワイトボードに細工が仕組まれていることも知らず。

「……性奴隷課に出向かぁ……初めて聞く部署」

 その効力は『ホワイトボードに書かれたことは全て仕事であり、常識であること』というロストギアのテクノロジー。悪質な悪戯同然のそんな書き込みも、ティアナは当然のように信じ込む。

「なのは先輩みたいに頑張らなきゃ!」

 こうしてティアナはある違う部署へと向かっていく。ただの倉庫のような場所だったが、今のティアナにとっては何の違和感もない。

「ティアナ・ランスター二等陸士、入ります」

「ああ」

 薄暗い倉庫の中に入って中にいた男に敬礼する。

「よく来てくれた二等陸士。広報用の写真を撮る仕事があるんだが、ウチには綺麗どころがいなくてね」

「きれ……ハッ、光栄であります!」

 いきなりの言われ慣れないお世辞に少し驚いたものの、すぐに緊張を取り戻すと、写真撮影に相応しい常識的な格好に消えていく。事務用の制服ではなく、デバイスを使った戦闘用のコスチュームに。

rn150409000.png


「これでよろしいでしょうか?」

「ああ、バッチリだ。流石は機動六課のエリート、話が早くて助かるよ……ああ、君はカメラで撮られたら性的に興奮を覚える。これは常識だから」

「はい?」

「いいや、何でもないよ。じゃあ撮影を始める」

 こうして新たに植え付けられた常識とともに、ティアナの撮影会は始まっていく。フラッシュがたかれるごとに興奮してしまうティアナは、撮影ごとにあられもない姿を晒していく。

「じゃあ、次はこれに着替えてくれるかな」

1039149.png


「……は、はい……」

 それでもまだティアナは平静を保っていた。しかし、まだ写真撮影は続いていき、終わる頃にはすっかりティアナは抵抗力を失ってしまう。

「今日はありがとう、二等陸士。君は帰ってパーツを組み込んでくれたまえ」

「ふぁい……ろすとぎあのちから、つよくするパーツ、とりつへます……みんな、性奴隷課に、出向……」

20100516002730e57_convert_20160120224257.png


 ――本日の業務、他部署への出向

 常識改変の力を持ったロストロギア。その術中にハマったティアナにより強化され、ホワイトボードの形をして機動六課へと送られていた。

 そのホワイトボードには、本日の業務内容が書かれていた。どんな内容でも、それは機動六課の業務内容なのだ。

subaru2s.png

「トレーニング、って……」

 ティアナめ、先に行っちゃって――と内心思いながら、あたしはホワイトボードを確認する。といっても平和な昨今、特にすることもなくトレーニングとしか書かれていなかった。

「と、なると……やっぱ汗を流さないと」

suba.png

 やっぱりトレーニングといえば走り込み。何でかずっと視線を感じるけど……まあ、関係ないから大丈夫ね。

「うーん、いい汗かいた……けど、なんか足りないなぁ」

54.png

 身体がムズムズする感じというか……不完全燃焼。でもこういう時は、いい運動があるのよね。

「よっし、準備完了!」

14884739_m.png


 この格好して町で立ってあとは待つ。あとはヤろうって誘われるのを待つだけね! トレーニング開始!


 ――本日の業務、トレーニング

2ac6fbaf.png

「ふぅ……」

 機動六課最年少とは言っても、もちろんキャロにも仕事は与えられている。今日はことさらキツい仕事だったのか、無意識にため息をついていた。

「あ、エリオくん……大丈夫、大丈夫。ちょっと疲れちゃっただけだよ」

20120116222835_original.png

「うん、大丈夫、大丈夫……」

 キャロの今日の仕事は――

kyaro-nanoha-31.png


 ――本日の業務、改造実験

1281855637_480.png

「あっついな……」

 市内の見回りをしていたヴィータだったが、むせかえるような暑さに愚痴を漏らしていた。

「おい、アイス……アイスくれないか?」

 あらかじめ買っていたアイスも食べてしまい、たまらず近くの店にアイスを買いに行く。

「おお、三回ね」

「三回か……安いな」

 店主にそう言われたヴィータは、躊躇なくスカートを脱いでいくと、構わず店主に跨がっていく。

vita03_27.png

「中出しで払うんだから、さ、三回っ、早く三回出せよ!」
「はいはい、じゃあ動画にするよー」

「あたしは何がおかしいかも分からず、アイスを買うためにこれから犯されます――こ、これでいいだろ!」

201403222058110ef.png

 ――本日の業務、管轄地域の見回り

sig_convert_20160216171142.png

「慰安任務……だと?」

「はい、よろしくお願いしますよ」

 烈火の将、シグナム。彼女はある男の前に立たされていた。

「出来ないんですか? それがあなたの仕事でしょう?」
140331334034.png

「わ、分かっている……」

「さて、じゃあ慰安任務を始めましょうか」

「ま、待て。やっぱり何かおかし――いッ♪」

73c5dde46439d0fccc22412fed8c5b73.png

「ん? 何か言ったか?」

「なっ、なんでもっ、ありまへぇん! ……主様ぁ♪」


 ――本日の業務、六課の主への慰安任務

NB8KDF_A.png

「業務いうても、私はいつでも変わらんなぁ……」

 華々しく活躍するのだけ仕事なのではなく、様々な雑務も必要なことで。書類と格闘するのも組織には必要不可欠なことだ。

「ん~一旦休憩。……喉が渇いたなぁ。なぁ、ちょっとくれへん?」

 休憩として伸びをしながら、はやては隣の男性へとそう問いかける。

「あんたらも疲れてるだろうし、いいやろ? ほら!」

e10a1ac2.png


「……やっぱりいい味やなぁ。どんなもん食べたらこうなるんや?」

 うっとりとした表情を隠さないまま、はやてはそう言って男たちにしなだれかかっていく。

「まあええわ。それより、もっと飲ませて欲しいわ……」

11349554770009.png

 ――本日の業務、機動六課の規定改定作業及び、男性の処理

nanoha-force0109.png

「久しぶりだったね、フェイトちゃん。一緒に仕事なんて」

「ええ、やっぱり立場もあるし。でもあの二人には強くなってもらわないと」

 今日は二人で、ティアナとスバルのコンビとの訓練だった。目覚ましい発展を遂げる二人には、うかうかしていると追いつかれそうになってしまうようだ。

「ぁ……」

「じゃあ行こうかフェイトちゃん、見回り」

「ええ。管理局の外だから、何があるか分からないわね」

13.png


 訓練の疲れで寝込んでいる二人を後目に、多忙ななのはとフェイトは次の仕事へと向かう。自分たちが所属する管理局、その管理が行き届いていない地域の見回りだ。

「ここの地域はこういう格好をするのが当たり前なのね……」

「うん、頑張ろ!」

nofe.png

 ――本日の業務、後輩の指導及び管理外の地域の視察

1007a001_convert_20160216171733.png

 機動六課。八神はやてが新設した管理局の部隊で、ロストロギア関連の危険な任務を扱う古代遺物管理部の機動課第六の部隊――だった。

「エネルギー補給完了、っと」

006.png


 今は、ある男の実験部隊となっていた。改造されたスーツに身を包み、様々な実験をその身で受けている部隊――

「…………」

e02e0f88.png


 ――それが『常識』だった。

「なのはちゃん、補給すんだんか?」

18 - 1

「うん。今日も三人で『仕事』だね!」

「…………」

 ――本日からの業務……


スポンサーサイト
[PR]

コメント

No title

シャマル・・・(T_T)
いじめだめぜったいw

コメントの投稿

非公開コメント