FC2ブログ

記事一覧

THE IDOLM@STER SLAVE GIRLS 第四話

 あるプロダクションでアイドルとして活動していたあたしだったけど、妹の莉嘉が追いかけてくるように同じプロダクションのアイドルになった。常務肝いりのプロジェクトらしいし、本人も「すぐデビューしてお姉ちゃんと共演するー!」という調子なので、あまり心配はしていない。

「こんにちはー!」

 ……とはいっても、やっぱり気になるものは気になるので。

「あーっ! 美嘉ねぇだ!」

 ちょうど休憩時間だったのか、未央ちゃんを初めとした、シンデレラプロジェクトの仲間達が駆けつけてきた。みんな可愛い妹のようなもので、一人一人挨拶をしていると、本当の妹が飛びついてきた。

「お姉ちゃん、元気?」

「はいはい、元気元気☆」

 莉嘉を適当に相手しておくと、レッスン用のスタジオをグルリと見回した。スパイのようで気が引けるけど、ここはどんなレッスンをしているのだろう。

「ねぇねぇお姉ちゃん、わたし、トレーナーさんから一番筋がいいって褒められちゃった!」

「へー……凄いじゃない、どんなことしたの?」

「んーとね、今日はみんなでレズプレイのレッスンしたの! あたしはみりあちゃんを舐めまわしたりー……お姉ちゃん、どうしたの?」

THE-IDOLMASTER-CINDERELLA-GIRLS-02-05.png


「……え?」

 莉嘉が言っていることが理解出来なかった。フリーズするあたしをよそに、未央ちゃんも「莉嘉ちゃん舐めるの上手くてすぐイかされちゃってさー」などと話している。

「ちょ、ちょっと何言って……」

「あ! プロデューサー!」

 混乱するあたしの後ろに、新たな人物が姿を現した。……そこであたしの意識は、少し途切れてしまった。

THE-IDOLMASTER-CINDERLLA-GIRLS-02-05.png

「……あ、あれ……」

 次にあたしが目覚めたのは、シンデレラプロジェクトのレッスンスタジオ……少し眠ってしまったらしい。どうしてこんなところで寝ていたのか、それは思い出せないけど、きっと大したことじゃないのだろう。

201501242343330c1.png

150325c1-001.png

 莉嘉を初めとしたみんなも、きちんとデビュー出来るようにレッスンに励んでいた。

「あ、お姉ちゃん起きた! ねぇねぇ、どうかな?」

335ccf02.png

 あたしに気づいた莉嘉が、『レッスン中』にもかかわらずアドバイスを求めてきた。姉としてではなく、先輩として口を出すべきだろう。

「莉嘉もまだまだだね。お手本見せてあげる!」

deremasu_016.png

「みんなー! 今日は来てくれてありがとー!」

「今度デビューする、妹の莉嘉だよ☆」

 そしてそれから数週間後、あたしは莉嘉と、シンデレラプロジェクトの一環としてステージに立っていた。姉妹というのも売り出すにはセールスポイントらしい。

「今日は~莉嘉の身体を生で見せてあげる☆」

23_ykt15s9w1n.png

 莉嘉はおもむろに観客へサービスしていき、妹ながら『レッスンの成果』を見せつけていた。姉としてもアイドルとしても、負けてはいられない。

「今日は二人でお相手しちゃうからねー!」

6cf8d2758ba2cc7afd949a6bda061b95.png

 莉嘉に負けじとあたしもアイドルとしての衣装で、お客様の『お相手』をして――

1392_744_idolmaster_235.png
スポンサーサイト
[PR]

コメント

No title

どうも人形好きです、第四話見させていただきました
妹がいきなりおかしな事を言い出して、異常な事態に戸惑うもすぐに洗脳されて
自分も異常な世界の住人となってしまう姉の姿が良かったです
きっと、姉妹で切磋琢磨することで彼女たちはよりエロく成長するのでしょうね

コメントの投稿

非公開コメント