FC2ブログ

記事一覧

シンフォギア 立花響

yande_re2026572220sample20kaisen20seifuku20senki_zesshou_symphogear20tachibana_hibiki.png

「うーん……今日もつっかれたぁー……」

 学校から帰ってきたらとりあえずシャワー。制服を洗濯物にしながら、温かい湯で身体を流し終わり、着替えをしていると。シャワー室の外から、同居人が帰ってくる音が聞こえてきた。

senki_010_convert_20160519000704.png

「未来ー? ……ってえぇ!?」

「…………」

tachibana_hibiki01_09.png

 そこにいたのは知らない男の人だった。着替えようとしていた私の部屋に来て、一瞬信じられなくなってから、それから悲鳴をあげようとして――

「響。どうした?」

「どうしたって……あれ? えっと……?」

 ――目の前にいるのは、この学生寮に同居している親友だ。よく一緒にこのお風呂に入ったりもしていたのに、どうして今日に限ってとても恥ずかしいのだろう。

20150527215507f70.png

「いや……なんか、恥ずかしくて……」

「早く服着れば?」

 呆れ顔で男は――親友は語る。どうしても彼の名前は思い出せないけど、そんなことより、彼の言う通りに早く服を着なくては湯冷めしてしまう。

「……よしっ」

tachibana_hibiki01_05.png

 中途半端にシンフォギアを纏った姿を、彼はじろじろと観察する。いつもの光景の筈なのに、何かがおかしいという気になるけれど、深く考えようとすると頭がボーッとする。

「響?」

「あ、えと……ちょっと喉渇いちゃったなー、なんて……」

「そうなら早く言ってくれよ。ほら、響の好きないつもの飲み物」

 心配そうに見つめてくる彼に対して、笑いながらごまかしていると、本当に飲み物を差し出してきた。あ――確か私は、あの飲み物が大好き、なんだっけ……?

「ありがと~。じゃ、いただきます!」

tachibana_hibiki01_02.png

 そして大好きな飲み物の蓋に口をつけた途端、頭の奥が痺れるような感覚とともに、真っ白になって。


「響。いつも何飲んでるの?」

「へっへー。大好物なんだー。未来も飲んでみる?」

750_1334_symphogear_1.png
スポンサーサイト
[PR]

コメント

No title

更新お疲れ様デス!

こういう、催眠状態で普段行っているような感じでエロいことをされる女の子は、見ていてゾクゾクします。
とても大好物です、本当にありがとうございました。
シンフォギアの更新も、これでひとまずは終了ですかね?
次の更新も待ってます。

コメントの投稿

非公開コメント