FC2ブログ

記事一覧

シンデレラガールズ 鷲沢文香

b5292e57.png

 文香は本が好きだった。本を読むだけで一日を過ごせるほどで、話しかけても読書に集中していて気づかない時もあるくらいだ。今日も叔父の経営する本屋で手伝いのついでに、売り物の本に囲まれて読書をしていた。しかし、彼女はこうも考えていた。変わりたい、こんな自分から新しいことにチャレンジしたい、と。

 そんな彼女のもとに、一人の客が現れた。

「あの……」

「あ……すいま、せん。ご用件は、なんでしょうか……?」

 お客様が来ていたようなのに、読書に夢中で気づいていなかったようだ。お客様の声で文香はようやく客の存在に気づき、用件を問いかける。客の手にはスマホが握られており、いきなりそれを文香のもとへ突き出した。

「え……あ……」

 スマホを見せられた文香は最初は怪訝な表情を浮かべていたものの、次第にその表情が消えていく。それを客は確認してスマホをしまい込んだ。

「お前を新しい場所に連れて行ってやるよ……」

 そして――

humika.png
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント