FC2ブログ

記事一覧

PSO2 第三話

20150411093546_uQU6UXQNix.png

「随分と警戒が弱まってるから来てみれば……」

 人類種の天敵たるダーカー。その親玉と目されたダークファルスの一人、【若人】はアークスの総本山ことキャンプシップにたどり着いていた。いつもならば嫌みったらしいほど妨害してくるのに、と。

「ま、何かトラブルがあったなら好都合だけど……っと」

 薄暗いキャンプシップ内を我が物顔で歩いていこうとすると、一人の人間が近づいてきていた。

「……は?」

201501051818526fb.png

「あら、お客様ですかぁ?」

 そこにいた女は、明らかに常軌を逸していた。ダーカーである自分を見ても「お客様」などというところもそうだが、その格好に【若人】は言葉を失っていると、薄暗かったキャンプシップに明かりが灯っていく。

「――――」

azanami-7.png

 すると、キャンプシップ中では似たような光景が広がっていて。

pso2kuna-13.png

「な、なによこいつら……頭おかしくなったの?」

「いい眺めでしょ?」

2523d6.png

「アークスはもう私たちが占拠したの。みんな頭の中にある虫の言うことを聞くだけの存在……そして、あなたも」

「え――」

 【若人】がその光景に面食らっている間に、背後から突如として姿を現した女に、首筋に何かを刺されてしまう。

2015010422452750a.jpg

「あんた……何を……」

「ああ、やっぱり人間ベースでその形態なら、何とか私たちの虫も効くんですね。クーナさん、お手柄ですよー」

「はっ、はい! だから!」

「はいはい、どうぞ」

pso2kuna-1.png

[えへっ、えへへっえへへへへっ餌、えさだぁ……」

「じゃあ、えーっと……どちら様でしたっけ?」

2015010415505770f.png

「ェ……ア、ワたシの、ナマ、エはユクリータ、デス。コのカラダをノっトるノニ、ジカンガカカリマス」

「そうですか……じゃあ、いっぱい餌をあげないとね?」

20150104155003ec3.png
スポンサーサイト
[PR]

コメント

No title

更新お疲れ様デス!

ふと思ったけど、これってMCっていうより寄生・乗っ取りなんじゃ・・・(いいぞ、もっとやれ)
まあ、そういうシチュエーションも大好きなんですけどねww

これからも更新待ってます

コメントの投稿

非公開コメント