FC2ブログ

記事一覧

ストライク・ザ・ブラッド 第一話

sb2.png

「つっかれたー……」

太平洋上に浮かぶ人工島、絃神島。そこは別名「魔族特区」と呼び、人間と魔族が住んでいる。そこに暮らす学生である浅葱は、ついついバイト終わりにベッドへ倒れ込んでしまった。

「店長ったら人使いが荒いんだから……ん?」

 彼女が天才的なプログラマーなこともあって、機械的なことは全て任されていて。そんな愚痴を吐いていると、スマホに着信があった。誰からかと思えば、スマホには何やら妙な模様が浮かんでいて。

sb3.png

「ぁ……?」

 そのスマホの妙な模様をジッと見た後は、浅葱はゆっくりとスマホを耳元に持って行った。すると、今度はスマホから断続的に音が響いてきて。

negi.png

「…………」

 その音を聞き続けたかと思えば、浅葱は突如として起き上がると、目にも留まらぬ速度でパソコンを操作し始めた。どこか虚ろな瞳の様子らしからぬ鬼気迫る表情で、ぶつぶつと何事か呟いてパソコンを操作する彼女の様子は、いつもの彼女からは想像も出来なかった。

sb5.png

「はい……もしもし。はい、準備が出来ました」

e04d55b3.png

 そして作業を終えた浅葱は、まだ断続的に音を響かせていたスマホで、どこかに電話をかけ始めた。そしてそれからしばし、浅葱の家に見知らぬ男がずかずかと入ってきた。

sb6.png

「お待ちしていました」

 それをいつの間にか着替えていた浅葱が出迎えて、それを男は満足げにニタリと笑うと、浅葱が作業していたパソコンの前に座り込んだ。

「これが人体に有効な洗脳・常識改変系のプログラムです」

「人体実験は私で済ませました。長時間このプログラムに晒せば、私のようにご主人様に服従するのが常識になります」

「簡単な常識改変なら、ここから絃神島の運営管理を行うスーパーコンピューターを通して、各端末に送ることで完了します」

 パソコンの中で暴れ回っているようなそれを、浅葱は淡々と説明していく。そして男は淡々と、そのプログラムを送信するボタンを押してみせた。


jipo.png

「雪菜さん、紗矢華さん。お掃除、手伝ってもらってありがとうございます!」

「いえ。このぐらいなら」

「……私は、邪魔しかしてなかった気がするけど……」

 雪菜は、紗矢華とともに凪沙に頼まれて、ある部屋の掃除をし終わったところで。そこで持っていた端末にメールが着信した。

「ねぇねぇ、これからお礼に何か食べに――って、ごめん。ちょっとメール」

「私も。……雪菜も?」

「あ、はい」

 揃ってメールが着信するなんて、妙なこともあるんだ――と不思議に思いながら、雪菜は端末を見てメールを確認すると――

「ねぇねぇ、これからお礼に何か食べにいかない?」

「いいわね。……雪菜? どうしたの?」

「あ……いえ。何でもありません」

 一瞬だけボーッとしてしまったようで、今は任務中だと雪菜は気を引き締める。……任務と聞いて、何か忘れているような気もしたけれど――

「雪菜、体調でも悪いの?」

strike_the_blood-114.png

「無理しなくても……」

007.png

「いいえ、大丈夫です。行きましょう」

 9286ecba.png
スポンサーサイト
[PR]

コメント

No title

どうも人形好きです、改めて一周年おめでとうございます
いつも自分の拙いリクエストを叶えてくださり、とても感謝しています

では第一話の感想を
操られた浅葱が洗脳プログラムを作り、それを使って
自分自身を洗脳する…という展開にグッと来ました
洗脳を自覚しながらも従う女の子は魅力的ですね
果たしてプログラムの毒牙に掛かった雪菜たちがどうなるのか…
次回も期待大ですね

画像が一枚新しいのに変わっている!?(浅葱のコラから那月のコラに)

コメントの投稿

非公開コメント