FC2ブログ

記事一覧

ストライク・ザ・ブラッド 第四話

14231705829332.png

「おはよう、雪菜さん」

「あ……おはようございます、浅葱さん」

 中等部の学校に行ってみると、そこには勝手知ったるクラスメートではなく、バラバラな年齢の人物が集まっていた。高等部の筈の浅葱さんもそうだ。

「中等部に何かご用ですか?」

「ううん、気にしないで。それに、そのナース服から制服に着替えていいわよ」

「はい」

750_1334_strike_the_blood_5.png

 特に気にしなくていいようだ。そして雪菜は、言われた通りにナース服から制服へと着替えていく。

「洗脳度合いはまあまあね……次は定着するプログラムを送らないと……」

 ブツブツと呟きながら、何かメモを取っている浅葱は気にしないことにする。ともかく自分の机に座ると、始業時間ギリギリに紗矢華が入ってきた。

「……では、これより授業を始める」

strike_the_blood-40.png

 そしてそれとともに、教室に那月が入ってきた。いつも通りに漆黒の服に身を包み、浅葱から何か書類を受け取って教卓に立った。

「今日の授業は、私たちの洗脳進度の確認と、これからご主人様のお役に立つ為には、という話だ」

 那月がいつも通りの授業を始めていく。

「まずは洗脳進度の確認からだな。紗矢華」

「はい」

strike_the_blood-86.png

「私は洗脳度合いが低かったため、常識に違和感を持ちましたが、念入りにご主人様に洗脳されました。この格好はその証です」

「よろしい。では次、姫柊。前に」

「はい」

71.png

 紗矢華の回答が終わって、続いて雪菜が那月に呼び出された。すると自身の相棒とも言える、有事の際に使う槍を教室に突き刺した。

__himeragi_yukina_strike_the_blood_drawn_by_akage__sample-36178816886ff64280ef53468fbbbecd.png

「では……『授業』を始めたいと思います……」

 そして自身の槍を使ったポールダンスに、クラスメートの男子生徒の肉棒をしゃぶりだす雪菜だったが、浅葱がそれを記録するのみで誰もそれに興味を示すことはなく。

「次だ。ご主人様の洗脳をこの島以外にも広めるために……まず、アルティギア王国。ここを落とす」
スポンサーサイト
[PR]

コメント

No title

どうも人形好きです、50000アクセス突破おめでとうございます
一年でこのアクセス数は凄いですね
さて第四話の感想ですが、紗矢華「自分のちょろさには勝てなかったよ…」
それはさておき、ポールダンスを披露しても注目されない雪菜がアワレ(笑)
でも、その痴態のデータは浅葱がより良い洗脳のために利用してくれるから…
次はあの王女様の番ですね、どんな風に堕ちるのか期待してます

No title

更新お疲れ様です
閉鎖された環境を一気に洗脳して染め上げるというシチュは
壮大で素晴らしいですね
ストライク・ザ・ブラッドは未視聴だったのですが、
これを機に見てみようかと思います
完結までがんばってください

コメントの投稿

非公開コメント