FC2ブログ

記事一覧

艦これ 川内

川内

 とある鎮守府。そこでは艦娘と呼ばれる者たちが、日夜命を賭けて戦っていた。自身の身に施されていく改造が、戦うためのもの「だけ」だと疑わず……

「夜戦の時間だぁぁぁー!」

 時刻は夜。夜戦のエキスパートたる川内が歓喜の声をあげていた。

「はやく夜戦~!」

「かわう……川内うっさい!」

 同僚たちにうるさがられながらも、川内は喜び勇んで走り出す。ただし出撃するための港ではなく、提督が待つ部屋に、だ。

「夜はいいよねぇ……夜はさ。 提督もなかなかイイけど♪」

 独り言を呟きながら川内は提督が待つ部屋へと到着する。そこでは書類仕事を終わらせたらしい提督が佇んでいた。

「もう仕事終わらせてるなんて……はっは~ん?さては私と夜戦シたいんでしょ? ……なんて、私が一番我慢できないんだけど」

 川内は照れ臭そうに笑いながら、提督が着ている服をゆっくりと脱がしていき――
 
「提督、今夜は一緒に夜戦……シよっ!」
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント