FC2ブログ

記事一覧

シンフォギア 風鳴翼

kazanaritubasa_senkizessyou_01.jpg

「……貴様、何者だ」

 世界的な歌手として活動を続けていた翼は、久しぶりの休日を仲間たちと会うべく、先に待ち合わせ場所に着いていると。その前に怪しげな様子を漂わせた男が立っていた。

「答える気はない、ということか……」

 その男からどうしても嫌な予感を感じていた翼は、自らに超人的な力を与える遺物・天羽々斬を起動する為の宝石を構えた。天羽々斬を使うべき相手だと、翼自らの直感が告げていたのだ。

tubasa_g_2.jpg

「Imyuteus amenohabakiri tron……」

 天羽々斬を纏う呪文を唱えた翼はシンフォギアを纏っていき、それでも余裕そうな笑みを崩さない男に対し、即座に変身をしてみせた。

1108809841_o.jpg

「……参る!」

 天羽々斬を纏った翼は剣を構え、小手調べとして男に切りかかっていく――

(な……)

 ――筈だった。確かにシンフォギアを纏った筈の翼だったが、まるで身体が動かなかった。さらに喋れないだけではなく、視界が明らかに違っていた。

(どうなっている……何をされた……ッ!)

 それでも冷静に対処しようとした翼は、何が起きたかと周りを見渡した。すると、そこには。

senki_zesshou_symphogear_158.jpg

(アレは……私……そして今の私は……)

Ca7TFkhUUAEz0fd.jpg

 天羽々斬を構えた自分が、視界の向こう側に立ち尽くしていた。代わりに自分の身体は、天羽々斬を起動する宝石となっていた。

「これから何があるんだ?」

「立花と雪音が来ます。どこかに遊びに行こうと思っていました」

 人形のように立ち尽くすだけの翼の身体は、男の質問にのみ反応して返答する。意識だけを封じ込められた翼に、それを止める手段はなく。

(やめろ……やめてくれ……)

「他の二人もそうするつもりだ。一芝居打ってもらおうか」

「はい。分かりました」

 翼の悲痛な叫びも届くことはなく、翼の身体はその申し出に頷いた――

fc2blog_201609222057001da.jpg

スポンサーサイト
[PR]

コメント

No title

更新お疲れさまデス!

人形化シチュを書いてくださり、ありがとうございます。
しかもシンフォギアの翼さんというおまけ付き、最高です。
リクエスト企画のほうも頑張ってください!

No title

更新お疲れ様です
操られて友人を罠に嵌めるシチュはエロいですよね
特に裏切り行為をやりそうにないキャラだとなおさらです
そういう意味では翼さんははまり役ですね
リクエスト企画は大変かと思いますががんばってください

コメントの投稿

非公開コメント