FC2ブログ

記事一覧

スーパーロボット大戦RMC 第一話

awrmc (5)

「う……ここは……?」

 捕虜を収容するための部屋らしき場所で、アイビス・ダグラスは目を覚ました。どうやら気絶していたらしく、頭を振って何とか意識を取り戻していく。

「そうだ、私……!」

 頭を働かせたアイビスに、気絶する前の記憶が蘇ってくる。ブリタニア軍との戦闘時に、突如として現れた敵増援に撃墜されてしまい、ブリタニア軍に捕縛されてしまったのだ。

「スレイ……ツグミ……」

 ならばここは、恐らくブリタニア軍の戦艦の一室。同じ機体に乗っていた仲間たちの心配をしていると、部屋の扉が開いてある人物が姿を現していた。

「起きたのね。怪我はない?」

swrmc (3)

「あなた……カレン? 紅月カレンでしょ!?」

 アイビスの部屋に現れたのは、行方不明てなっていた仲間の紅月カレン……の筈だった。しかしアイビスの知るカレンとは、どことなく感じが違っていた。カレンらしくないどこか高圧的な視線に、アイビスが疑問をぶつけると、カレンの表情が怒りに歪んだ。

「そんな名前で呼ぶな! 私の名前はカレン・シュタットフェルトだ!」

「え……!?」

 その名前はアイビスも聞いたことがあった。ブリタニアとのハーフであるカレンは、ブリタニア人としての名前も持っているものの、その名前を憎んでいると。ただし目の前のカレンにそんな様子はなく、むしろ紅月の性に怒りを見せていた。

「だってカレン、自分は日本人だから紅月が本当の名前だって……」

「はぁ? 私は生まれてずっとブリタニアの軍人よ? ねぇ?」

swrmc (4)

「はい、シュタットフェルト卿」

 カレンの後ろに控えるように立っていたのは、同じく日本人の軍人だった千葉凪沙。カレンの事情は知っている筈だが、そんなことはないように肯定した。

「私もシュタットフェルト卿の騎士として、これからはブリタニアの為に戦わせていただきます」

swrmc (5)

「ええ。アイビス、あなた達はこれからブリタニア軍に心から忠誠を誓うの。最初からそうだったみたいにね」

「…………」

 明らかに様子のおかしい二人に、アイビスはブリタニアに洗脳でもされたのかと疑う。仲間の中には洗脳教育を施されていて、最初は敵だったような前例もあり、アイビスはそれなら説明がつくと納得していた。さらにカレンの口振りによって、他の仲間たちもこの基地にいるらしい。どうにか洗脳される前に、仲間たちと合流して脱出出来れば――と考えていたアイビスに、さらにもう一人の男が近づいてきていた。

「ごきげんよう。アイビス・ダグラス少尉」

「……あなたは?」

「ミトラス卿。私たちの指導者……そうね、比較にもならないけど、ゼロみたいなものよ」

 新たに近づいてきたブリタニア人を、カレンが誇らしげに説明する。特徴のない男だったが、どこか吸い込まれそうな雰囲気を持っていた。

「お察しの通り、彼女たちは私が洗脳した」

「!?」

「これから忙しくなるよ。何しろキミのいた部隊、全員に施すのだからね」

「――このッ!」

 ペラペラと核心を喋る男に、アイビスは怒りに身を任せて殴りかかった。しかしその男の目に、何やら紋章のような物が浮かび上がり――

swrmc (1)

「――――」

 殴りかかろうとしていたアイビスの身体が、その男の瞳を見た瞬間にピクリと止まり、人形のように制止した。それは共にいたカレンと千葉も同様で、まるでその空間だけ時が止まっているかのようだった。

「私のギアスは『認知を書き換えるギアス』……」

 男は慣れたように、アイビスの耳元で何やら囁いていく。

『洗脳なんてものがあるわけがない』

『よって仲間の言うことは全て真実であり、従うべき常識である』

 細々とはまだあったが、概ねこの二つをアイビスに呟くと、アイビスに二人も動き始めた。

「おっと。キミの大事なパートナーたちもこの基地にいる……めったなことはしないことだ」

「くっ……」

 スレイとツグミが人質だ、と聞いて、アイビスは殴ろうとした拳を戻す。しかしそれと同時に、スレイとツグミも無事だと確信した瞬間でもあった。

「シュタットフェルト卿から話は聞いているだろうが、これから君たちは私の指揮下に入ってもらう。いいかな?」

「……いい訳ないでしょ。私以外の人も、そんな申し出を受ける訳がない」

「どうかな? キミ以外のメンバーには、概ねいい返事を貰ったが……」

「つまらない嘘は聞きたくないわ」

「なら確かめてくるといい。自分でね」

 そう言って男にカレン、千葉も扉から離れていく。アイビスは不信げにそれを見ていたが、またとないチャンスに部屋から出て行った――

「……そうさせてもらうわ」
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

更新お疲れ様です
まさに導入という感じですね
ギアスの効果によってどんな感じに洗脳されていくのか楽しみです
連載頑張ってください

コメントの投稿

非公開コメント