FC2ブログ

記事一覧

ギルティギア ジャック

ファイル0974

「っ……!」

 ジャック・オーは苦戦していた。人間ならざる造られた存在であるジャックが、何の変哲もないただの人間にだ。

 こちらの全力を込めた一撃も、『自分がわざと外しているかのように』当たらず、ならば逃げようとしても、『自分が徒歩で動いてるようで』逃げられない。そのまま敵は余裕ぶって近づいてきて――

「きゃぁぁっ!」

 ただのビンタの一撃で、電源が切れるようにジャックの意識は沈んだ。

「ん……」

 意識を取り戻したジャックは、ひとまず自らの状態を確認する。あれだけの大敗を喫しておきながら、ひとまず五体満足で生きているらしい。

ファイル0972

「うぇ……気持ち悪い……」

 全身どころか、膣内や胸など、犯せるところは全て犯しきったようにされていたが、多少気持ち悪いだけで『何も問題はない』。ひとまず仲間と合流して、と――まで考えたところで、ジャックの脳内に、しなくてはならないことが頭に流れ込んできた。

「その前に、あいつにリベンジしなくちゃね」

580301.png

 負けたままでは終われない。普段の彼女ならば、勝てない相手にはわざわざ挑んだりしないが、『どうしてか挑む必要がある気がする』。好物の飴を咥えながら、ジャックはまず。

「それじゃ、早くどこかで精液を貰わないと」

「ふふっ」

 ――すぐ近くで、先程の人間のような笑い声が聞こえた気がするが、『気のせいだ』。戦いは精液の量で決まると言っても過言ではなく、早くどこかの知らない誰かに、何をしてもいいので頼み込まなくては。

CPQxTwoVEAA9Pz1.png

「フフ……待ってなさいよ……!」

 そうしてジャックは、精液を体内に取り込んで膨らんだお腹を撫でながら、近くの街に向かっていき。

018_20150630153639.png

スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント