FC2ブログ

記事一覧

SAO マインド・フラグメント 第三話

t.jpg

「何者だ!」

 ダークエルフのNPC、キズメル。ゲームとして遊びに来ているプレイヤーたちと違い、NPCとしてまさにこの世界に生きている。

「キ、キズメル! 私だってば!」

「……アスナか! すまない。気を張っていてな……」

 ただしアスナとは、プレイヤーとNPCの垣根を超えた友人関係でもあった。アスナと分かるやいなや、すぐさま剣を納めて笑いあった。

「ごめんね。近くに寄ったから、ちょっと顔を出そうかと思ったんだけど……」

「いや、すまない。少し問題があってな……よければ、湯浴みでもしながら話を聞いてくれないか?」

「うん! 大丈夫だよ!」

 ダークエルフの集落の中にある温泉。アスナはそこがいたくお気に入りだったことを思い出したキズメルは、少し込み入った話がしたいとアスナを誘う。それにアスナは二つ返事で応じると、二人はダークエルフの集落に入っていく。

2016-11-07-221751.jpg

「ふぅ、やっぱりいい気持ち……それで、話って?」

「ああ……最近、ダークエルフの中から裏切り者が出ているんだ」

「裏切り者?」

「しかも、ただ裏切り行為をするだけではなく……人格が変わったとしか思えなかったり、常軌を逸した行動を取ったり、物になりきったり……何か、心当たりはないか?」

「うん、あるよ。多分、ご主人様の実験台にされちゃったんだね! ……ご主人様ってば、私を洗脳してくださる前に、NPCで実験してくださってたのね」

「あ、アスナ?」

「キズメル。これ以上裏切り者を増やさないためには、まず、キズメルが裏切ればいいと思うの」

2016-11-07-1.jpg

「何を――いや、確かにその通り、か……?」

「うん。私、キズメルをご主人様に差し出すために来たんだもの。そうすれば全て解決よ?」

「い、いや――確かに全て解決するが――それは何かおかしく――ない」

「じゃあひとまず、別人みたいに仮装して、生き残っているダークエルフの人を襲っちゃおう?」

「あ、ああ――仮装?」

「ええ。キズメルはもうご主人様の物になったんだぞって、NPCどもに見せつけてやらなきゃ!」

「そ――そう、だな。ご主人様の洗脳に抵抗した連中を、この手で愚かだったと思い知らせてやる!」

tumblr_nd75xhG1Ms1tc4i8wo1_1280.jpg

 そしてダークエルフの集落とは違う場所、ほぼ同時刻。二人でクエストに行ったフィリアとリーファだったが、リーファが罠にかかってしまっていた。


「リーファ、大丈夫!?」

「ごめんなさ~い!」

 間一髪、フィリアの助けが間に合い、大事に至ることはなかった。リーファを助けようとした時――フィリアの瞳が、一瞬だけ色を失った。

「……フィリアさん?」

「……大丈夫……すぐ、助けてあげる……」

 そしてフィリアの手が、リーファの頭部に延びていき――

2016-11-07-222102.jpg


スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント