FC2ブログ

記事一覧

SAO マインド・フラグメント 第六話

default.jpg

「リズさぁん……」

「どうしたの?」

 リズベット武具店の手伝いをすることになったシリカとユウキだったが、任された仕事は客引きだった。そこでリズに、客引き用の衣装を渡されていた。

2016-11-18-233805.jpg

「店番手伝うとは言いましたけど、この格好はちょっと……」

CxSO84BWIAEQdyc.jpg

「そう? ボクは楽しいよ!」

「私は恥ずかしいです!」

「もう、シリカったら仕方ないわね……ちょっと待ってなさい」

 そう言いながらリズは店内に入っていき、新たな衣装を探しに行ったらしい。シリカはホッと胸をなで下ろしたが、どこか身体がムズムズしている感覚に襲われていた。

「ねぇシリカ、調子はどう?」

「え、調子って……?」

 するとユウキがシリカの顔を覗き込んでいた。それはシリカの調子を見ているというより、どこか実験動物を眺めているかのような視線で。

「見られると興奮するような変態にしたはずなんだけど……足りなかったかな? もうちょっと上げとくね」

「あ、シリカ! 新しい衣装見つけたわよー!」

「……はーい!」

 シリカは一瞬だけ意識を失うような感覚を味わったが、特に何とも思うことはなく、店内から響いたリズの声に反応する。

「これは……これで……」

1dabbf29.png

「あたしとユウキの分、今探してるからちょっと待ってねー」

「はーい!」

 さっきよりはマシか、とシリカは再び店外に出た。すると――

「ぁ……」

 店外にいた他の男性プレイヤーの視線に晒されると、先程の気恥ずかしさとはまた違う感覚を覚えた。身体全体が熱を帯びたように熱くなっていき、息がどうしようもなく乱れていく。熱い、熱いと思って手が勝手に――

「ちょ、ちょっと! 何してんのよシリカ!」

「ぇ……ぁ……?」

「はい、リズもね。ちょっと待っててね、後でゆっくりしてあげるから、今はシリカの番」

2016-11-21-094900.jpg

 リズの声がしたと思ったけれど、どうやら気のせいらしく。熱いのだから服を脱ごう、という当然の思考のみがシリカを支配し――

9c6adde8453a65eb1c34fd4083094e29_514795932.jpg

スポンサーサイト
[PR]

コメント

No title

更新お疲れ様です
店番中に白昼堂々とリベットの洗脳をするとは
ユウキはかなり大胆に改変されているようですね
騒ぎにならないかヒヤヒヤしてしまいますw
次回も楽しみにしています
しかし、SAOキャラは虚ろ目が似合うなあ

コメントの投稿

非公開コメント