FC2ブログ

記事一覧

ハヤテのごとく リクエスト

C56_CxhUoAEtXoH.jpg

「あの……買い物の途中なんですけ……ぁ……」

1392_744_hayatenogotoku_72.jpg

 買い物途中である男に行く手を阻まれたマリアは、困ったように笑いかけてきた。その立場からこんなことは一度や二度ではないが、今回はその男があるカードを取り出した瞬間、マリアの瞳から光が失せていく。

「……お客様でしたか。大変失礼致しました。本日も白皇学院をご利用いただきありがとうございます」

 先程の笑顔が嘘だったかのように、まるで人形のようにマリアの表情が固まった。男に対してうやうやしく礼をすると、自らの携帯に保存された画像を男に見せつける。

hinakata.png

「今日はどの生徒をご利用でしょうか。白皇学院は、様々な生徒を利用出来るようにしております」

 マリアの携帯に表示されているのは、白皇学院の生徒とそのプロフィール。プライバシーなどあったものではないが、『商品』のカタログにそんなものはありはしない。

C56BY6hUYAAmW29.jpg

「桂ヒナギクですね、お買い上げありがとうございます。では、こちらに呼び出させていただきます……」

a0a9adc5.jpg

「もう、お姉ちゃんったらまた騒ぎを起こして……あら?」

 白皇学院の生徒会長室。そこで一人書類仕事をしていたヒナギクだったが、見知らぬアドレスから連絡が来る。迷惑メールかと不審がったその瞬間、ヒナギクは持っていた書類を机に落としていく。

「……行かなきゃ」

8bd8df8c581b64722efc56c57b76f370.jpg

 そのままフラフラと歩き出したヒナギクだったが、それでもその歩みは確かだった。今のヒナギクにとって、行かなくてはならない目的地は明確であるからだ。

49823a23.jpg

「……お買い上げありがとうございます。ご注文の、桂ヒナギクです」

 そして幾分か後にマリアと男が待つ場所にたどり着いたヒナギクは、スカートとスパッツをずり下げ、制服を捲り上げ、野外であるにもかかわらず、ほとんど全裸に似た格好を晒す。

「どうぞ、好きなようにご利用ください……」

65464220-20Hayate_the_Combat_Butler20Hinagiku_Katsura20Maria.jpg
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメント

No title

さっそくありがとうございます!
プロフィールあるのが凄くツボでした。
選べる感じにテンションがあがりますw

コメントの投稿

非公開コメント