FC2ブログ

記事一覧

恋姫 魏 リクエスト

top-gi.png

 古来より伝わる物語である三国志。その名だたる武将たちが皆女性だったら、という世界にて。魏国の桂花という武将は戦果を上げ、愛する指導者である華琳――曹操の元に戻ってきていた。

「華琳様。ただいま戻りました」

「ええ。お疲れ様、桂花。……どんなご褒美が欲しいかしら?」

 あっけらかんと直球で言ってのける華琳に、桂花は返す言葉もなく顔を赤らめてしまう。

「困る桂花は相変わらず可愛いわね……いいわ、ついてきなさい」

 そう言って華琳は桂花を引き連れて、自身の寝室へと向かっていく。桂花は何が起きるか期待に胸を膨らませながら、寝室への扉を開くと――

「なっ……」

next_0178jp-003.png


 ――そこにいたのは、華琳の腹心である二人の女武将、春蘭と秋蘭。その二人があられもない姿で寝室におり、そこには一人の男が共にいた。桂花が思考を巡らせていると、後ろにいた華琳が寝室の扉を閉める。

「華琳様、こいつは――」

「何を言っているの桂花。私たちのご主人様じゃない」

「――は?」

 至って当たり前の様子な華琳に、桂花は混乱して言葉を失ってしまう。その間にも華琳は男に近づいていくと、気絶している春蘭と秋蘭には構わず、男に抱きついていく。

「どうでしたかご主人様、お二人は?」

「まあまあだな。華琳の方が好きだ」

「まあ、それはもちろんね……どうしたの桂花、あなたもこっちに来なさい」

「……貴様、華琳様に何をした!」

 この世界の武将たちには、武将としての名前の他に親しい者にしか明かさぬ真名がある。それが華琳である筈が……その男は、構わず真名を呼んでいる。その怒りから桂花は男を問い詰めるが、華琳が少しイラついたかのように返答した。

「……さっきから何を言っているの桂花。私たち魏の目的はご主人様にこの世の美女を全て捧げること。なら、まずは自分たちを捧げるのが筋でしょう?」

「――――ッ」

 華琳は男に操られている。その言葉からそれを確信した桂花は、何も言わず男を殺そうと動き出し――

20150213022721d03.png


「……まったく、ご主人様に逆らおうだなんて。桂花には後でお仕置きね」

 男が手をかざした瞬間に動きを止めた桂花を見ながら、華琳は不甲斐なさにため息をつく。秋蘭と春蘭は、気絶するまでご主人様に尽くすくらい、羨まし――立派に職務を果たしているというのに。

「ごめんなさいご主人様。だから代わりに、私にお仕置きをくれてもいいのよ?」 

20316417_p0.png


 そして魏は、更に領地を広めようと国力を高めていく。その目的は一部の者しか知らないまま……

h9dMrvC_convert_20151130202150.png
スポンサーサイト
[PR]

コメント

No title

更新お疲れ様です。
リクエストに答えてくださってありがとうございます。
こういった普段と同じように見えつつも致命的に歯車がズレているというのは
MC物の醍醐味ですねえ

コメントの投稿

非公開コメント